So-net無料ブログ作成

訃報 [日常]

11月23日
師匠談志へのお悔やみのコメントやメールをいただきありがとうございます。
正直、師匠が亡くなったという実感がまだありません。
これから何かにつけてそれを感じていくのでしょう。

例えば、この前の記事のホテルは、昨年、博多座で親子会をやったときの宿でもあります。
打ち上げもここでした。
師匠が亡くなったと思うと、
その時にそっとかけてもらった芸についての言葉や、翌朝ロビーに降りてきたあの立ち姿が目に浮かびます。
『あの』って、弟子にしかわからない様子ですが…

談志の弟子は皆いろいろな魂を受け継いでいます。
私も、教えてもらったことや教わらずに覚えたことを大切にしながら『落語』に向きあっていこうと、改めて心に誓いました。
それが何よりも『落語』を愛した師匠への恩返しのような気がします。
「いいよ、別に…」って言われそうですが。

写真は真打昇進の時にお客様にこしらえていただいた黒紋付きの羽織の裏地です。
『笑志』から『生志』に改名するので、師匠から色紙に一筆いただいたものを染めてもらいました。
『笑志改め立川生志 立川談志』と書いて印を押してくれたので、お礼を言って色紙を持って行こうとしたら、
「ちょっと待て!」と言って『だそうだ』と書き足しました。
そのあと、いたずらっ子のように片目をつぶって舌を出した表情が昨日のことのように思い出されます。
2011112400290000.jpg

nice!(0)  コメント(11) 

nice! 0

コメント 11

なるみ

本当に突然のことで驚きました。
わたしも実感がないとゆうか…どこかで勝手に談志師匠は死なないと思っていたのかもしれません。

心からお悔やみ申し上げます。

明日の高座、楽しみにしています。

by なるみ (2011-11-24 02:32) 

まよえるこぶた

心よりお悔やみ申し上げます。
ついこの前、親子会の録画を見直したので、談志師匠が亡くなられたのが、信じられません。
でも、現実なんですね。
それからすると、博多座で親子会ができた生志師匠は幸せ者なのかもしれませんね。
by まよえるこぶた (2011-11-24 03:20) 

たらちゃん

師匠、お悔やみを申し上げます。

それまで、なかなか聞くことが出来なかった、談志師匠の落語を
昨年の暮れ、一度は、師匠との博多での親子会で、
その後で、国立での「ひとりブタ The Premium 」で。
続けて2度聞くことが出来たのは奇跡のようです。

テレビから訃報のニュースがこれだけしつこく流れていても
私もまだ談志師匠がいなくなったというのを実感出来ないままです。
by たらちゃん (2011-11-24 07:53) 

江戸風流人

昨日の談志師匠の訃報は、驚きました。

生志師匠も、さぞ、ガックリされていると思います…

頑張らないでいいから、今日の舞台、お願いします。


by 江戸風流人 (2011-11-24 12:56) 

横浜のミーハー夫婦(オバタ)

ご無沙汰しております。
談志師匠の訃報、驚きました。心よりお悔み申し上げます。
数年前、にぎわい座での生志師匠の会にご出演の折、
客の野次にカチンときて話途中で高座を下りられた事件を
昨日のように思い出します。我々としては「ホントにやめちゃうんだ」
と‘生ける談志伝説‘を目の当たりにして、かえって喜んだことを
思い出します。

次回のひとりブタ、行きます。
by 横浜のミーハー夫婦(オバタ) (2011-11-24 16:27) 

omiya

人は死ぬまでしか生きられないんです。
談志師匠のあとに何も残さないという姿勢はすごく潔く感じます。
生志師匠も悔いを残さぬよう生きてく下さい。
by omiya (2011-11-24 23:03) 

豊島区民

今夜の「渋谷に福来たる」でのオープニング・トークの出囃子が
『木賊刈り』と判った瞬間、身体が勝手に反応して天空に向けて
拍手を送ってしまいましたが・・・
旅立って間もない家元の背中に届いたでしょうか?

粋なチョイスをして下さった生志師匠、弾いて下さったえり師匠
ありがとうございます!!
by 豊島区民 (2011-11-24 23:59) 

ちひろ

昨晩の渋谷の会に行って、本当に良かったです。
訃報を耳にしてから、いろんな思いがめぐり、心がざわざわしていましたが、すっと落ち着きました。
談志師匠を直接観ることができないのは淋しく残念だけれど、こんなに素敵なお弟子さんがいるのだから、これからも落語を楽しむのだ!と思えました。
ありがとうございます。これからも楽しみにしています。
by ちひろ (2011-11-25 11:53) 

ともちゃん

素敵な羽裏ですね。。。
博多での親子会のポスターが
とても温かい画だったと、広げて見ています。

心よりお悔やみ申し上げます。
と同時に、師匠、これからも頼みますよ!




by ともちゃん (2011-11-25 15:11) 

masachan

あれから...談志師匠のエピソードが色々報道されていますね。
談志師匠の噺を生で拝聴は叶いませんでした。

お弟子さんにはしっかりと師匠のエッセンスが染み込まれているとワタシは見受けてますし、積み重ねるごとに話芸に出てくると信じてます。

ブー師匠のこれからの活躍を見守ってます。(^-^)



by masachan (2011-11-25 17:42) 

こし@けーえぬびー

たいへんご無沙汰しております。

談志師匠の訃報、驚きました。心よりお悔み申し上げます。

今日、昼のワイドショーで、若きころの生志師匠が、
談志師匠に稽古をつけてもらっているVTRを拝見しなつかしく思いました。

「だそうだ」というあたりに、談志師匠の人柄というか、照れ屋なところというか、温かみを感じました。




今後の生志師匠のますますのご活躍を祈るとともに、
久しぶりに師匠の噺を生で聞きに行きたいと思いました。


by こし@けーえぬびー (2011-11-26 00:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。